003056
** お世話係GREENの 『黄昏(たそがれ)日記』 **


※黄昏=日が落ちて人の見分けがつかない夕暮れどき。薄暮。(学研『国語大辞典』)


2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
* 2019年1月3日(木) 義母と娘のブルース
* 2018年12月31日(月) 平成最後の大晦日
* 2016年12月29日(木) 震度5強〜6弱
* 2016年8月6日(土) 難産死
* 2016年3月1日(火) 6か月で
* 2016年2月29日(月) 徒然なるままに閏年 五輪年
* 2016年2月28日(日) スラックラインなるもの

義母と娘のブルース
昨日、今日の2日間にわたり再放送された昨年のTBS高視聴率ドラマ。
今回も泣かされました。読み終わった原作の4コマ漫画本は学校の図書室に寄贈した。
2019年1月3日(木) No.1269

平成最後の大晦日
1年の時の過ぎる早さと30年が一瞬だった感覚。
一晩寝たら30歳、年を取っていた浦島太郎玉手箱白煙浴び感覚。
どんな1年だったかは兎も角、あと4時間半で再び1年のスタートに戻る。
時の優しさは地球の公転の優しさ。
2018年12月31日(月) No.1268

震度5強〜6弱
28日夜9時半過ぎに突然、ブーというスズメバチの羽音のような細かく激しい振動の地震発生。直後、3台の携帯が同時にけたたましく鳴り出した。東日本大地震の余震だという。
その後は、地下で地盤が落ちるようなドドーンという音の地震が複数回。今日も続いている。
取材のヘリと思われる音も深夜まで続いた。
2016年12月29日(木) No.1267

難産死
6月にマロンと母猫が同時に子供を産んだ。
母猫そっくりの赤虎二匹を見せにきた。様子からそれぞれの子とわかった。
母猫の子(マロンの弟か妹)は7月にカラスに襲われ死んだ。マロンの子は現在も生き延び、オスと判明。間もなくマロンの縄張りから追い出される。
子猫を失った母猫は間もなく懐妊。オリンピックが始まった頃に出産のため姿を消した。
四日経っても姿を見せず異変を感じた。悪い予感通りの結果となった。
出産しきれず分娩途中で絶命した遺体が見つかった。高温多湿の時期で痛々しい姿だったが、これも自然の摂理。丁重に埋葬した。
マロンが最後の子供となり母猫の縄張りを引き継いだ。母猫を失ったマロンのが突然、母猫と同じことをするようになった。
2016年8月6日(土) No.1266

6か月で
9月生まれの野良猫の子。模様の形と色からオスだったらマロ、雌だったらマロン。
母猫が自分の縄張りから追い出さないのでメスだというのはわかっていたが、2/20にマロンの後を執拗について歩く赤虎のオスを目撃。性別決定。
半年でもう親になるのか?
2016年3月1日(火) No.1265

徒然なるままに閏年 五輪年
4年に一度の2月29日。 昨年から続く不安定な天気。
TVのリモコン片手に世界卓球と女子サッカーアジア最終予選を行ったり来たり。

バレーボールプレミアリーグ女子バレーは、日立リヴァーレがレギュラーラウンド1位、ファイナル6も1位でファイナル3の決勝に進出。3/6の2位東レアローズと3位久光製薬スプリングスの勝者と3/12に対戦する。
日立っていつの間に・・・
5月からは五輪最終予選が始まる。

ロンドン五輪からもう4年。
玉手箱のふたを開けたら五輪の煙が出てきて一気に4歳年を取った気分。

五輪を目指す選手は、「やっと」なのか、「もう」なのか。
2016年2月29日(月) No.1263

スラックラインなるもの
2/14に初めてスラックラインというスポーツを体験した。
10mの車のシートベルトを30僂膨イ辰董⊇薺蕕任呂修両紊卜ったり歩ったりするのだが、これが立っていられない。翌日は腰から膝にかけてのとほほな筋肉痛。
一輪車乗りの練習をするのに似た面白さがあるのでAmazon.co.jpで1セット購入。2/20,2/25,2/27にマリーンで4回目。
2/27はJ王中女子バレー部に紹介、木に結んで15分程度体験してもらった。前向きなピーチクパーチク軍団は嫌がらずに挑戦してくれた。
2016年2月28日(日) No.1264

Page/ [1]

[Admin] [TOP] [HOME]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.02
CGIレンタルLinkJapanレンタルサービス