++TOHOHO-Diary++


お気楽で極楽♪ トホホでウフフ?? “いいじゃないか堅い事言うなよ”ワールドへようこそ!
2005年9月
    
1

2

3

4

5
678
9
10

11
1213
14

15

16

17

18
19202122
23
24

25
262728
29

30
 



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
行楽ランチ・2005オータムコレクション
  皆様、小腹は空いてないシュかァ〜☆彡

  なんちって、昨日のトホホ日記では、
  お気楽極楽な行楽グルメ
2005秋のコレクション『奈良篇』なんちゅーモンを
恥じらいも無くやっちまいました。ワンハッハ〜☆彡
しかしながら、喰い気の話題に一番必要な美味しさを伝える…
という肝心な部分では?マークが盛大に右往左往してたような〜。
使命を十分果たしたとはお世辞にも言えませんです、我ながら。

ならばっ・・・♪
今日もやっちゃうのよね♪懲りもせず〜♪
『何でもあり日記の醍醐味!?』ってことで
お許し下さい、寛大なお心で…。

狂乱の阪神優勝から一夜明け、
今日の関西地方は何処もかしこも季節はずれのバーゲン花盛り。
ボランティアの類と思し召して、何卒お付き“愛”下さいまし。

ンだば。。。ドゾ、ドゾォ〜☆彡
2005年9月30日(金) No.786

伊豆メシ  悗店のムードも御馳走だぁ!』
今を去る事、9月16日の金曜日。
秋の伊豆プチオフ会が開催されたのは
もう既に皆さん御存知ですよネ〜ッ♪

…ん!?アッ〜???
『何のこと???』でしたっけ〜☆彡
提出してなかったぜ、オフ会レポート。
只今鋭意作成中って事で眼を瞑ってね
お願いだべさッ♪

今日は『喰い気』ど真ん中の行楽ランチで
何となくウヤムヤにタメ日記を見事やっつけちゃおうかな?!なんて
姑息な事を考えたちゃま母を、神様、ユルシテチョンマゲ〜☆彡


さて、反省の度合いが微妙だけど、
かめつる王国、川崎大志共和国、そして我がちゃま姫王国で
伊豆満喫のお騒がせ企画
『韓流なんてぶっ飛ばせ!ジャニ系イケメンワンコと行く秋の伊豆』なプチプチオフ会が開かれたのは2週間前の事だったけど、
皆さんと御一緒したランチをチョビッと御紹介しちゃオッかなァ〜♪
なんてのが、当初のスローガンだった訳だけど、
この期に及んでチョット雲行きが怪しいかも???ですよ。
ちゃま母ってば料理に関する知識がかなり不安〜♪♪
っていうか、怪しすぎるという恐ろしい事実を忘れてた…。

マア、行き当たりバッタリ&出たとこ勝負が
ちゃま母の座右の銘だから、恥知らずにもやっちゃいますけど。
苦情は一切受け付けませんので、
お付き合いいただく方々はその点をヨロシクねェ〜☆彡

あッ〜!そこのKさん、あなたは特に!!ですからね。
『クレグレモッ!!』『返す返すも!!』『コレでもかっ…』
ヨロシク♪ヨロシク!?ヨロシクッ!!!だべさ…


前置きが長くなり過ぎちまったけど、
三国王家の会食の舞台・イタリアンレストラン『イル・コーヴォ』は
メインの通りをチョットそれて管理人不在の別荘地的な細道を入ると、
ソコに“何となく”建っている。オサシンでも一目瞭然。
店構えは素っ気無さ過ぎじゃないの、オーナーさん?
『隠れ家がコンセプトなんでココに開店してもう2年です…』

最新式のカーナビでも迷子になっちゃうようなラビリンスの奥に
鎮座マシマシしているこのお店。
やっとの事で辿り着いた一同に向かって、かのオーナーは開店した直後でお客の居ない小奇麗な店内に、それはそれはニコヤカに案内してくれた。
『今日みたいな日はテラスも気持ちイイですよォ〜♪』

見ると一方の壁が全面ガラス張り。その先にはデッキ張りのテラス席。
人間6人+4ワンコにピッタリの大きなテーブルがヒトツ、
ドデン!と用意されている。『ウ〜ン、気持ち良さそう〜♪♪』

旅の始め、大室山観光では肌寒い高原の冷気でチキン肌状態の面々も
お昼時ともなれば太陽も上がりきって、まぶしい日差しと涼やかな高原の風吹き渡るテラスでランチ!を迷わずチョイスした。

さて、ランチメニューは…。
場所は隠れ家だけど値段と品揃えはチカラ入ってますねェ〜。
少なくとも地味じゃないぞ♪とちゃま母は思う…。
なんてことが気になる雰囲気じゃなかったのよね、この時は。
だって、ココ、自然イッパイで超♪気持ちがいいんだじょ〜ぉ♪♪

オーナーさんが気を利かせて日よけのカバーも張ってくれたけど、
それでもお日様はニッコニコ♪だし高原の風は肌を冷やして心地よい。
日頃貧乏臭いちゃま夫婦でも、
気分は即席セレブだもんね、場違いの極みでも…?!
ワンコたちもリラックスし捲くりでアッチを探検、コッチでゴロゴロ。
その気持ち判るなァ〜♪
ちゃま母だって、このウッドデッキの上に寝っ転がって、
日がな一日アイスコーヒーをチビチビ飲みながら
お気楽な本でも読みたいもんだ…。

結局、本日のパスタランチ¥2100円をチョイス。
前菜→サラダ→本日のパスタ→ドルチェにパンorライス、
飲み物(エスプレッソor紅茶又はグラスワイン)が付くコースだけど
ズンズさん、お魚苦手だったんじゃ…。大丈夫かな〜?
この前の『琵琶湖のお笑いディナー』に続いての危機的状況?!
だったりするゥ〜♪ 爆笑〜☆彡
2005年9月30日(金) No.787

伊豆メシ◆ 愽坡弌ギブ ミィ〜 お箸〜☆彡』











さて、イヨイヨ豪華?ランチのハジマリです。

『先にお願いします、先にっ!!』
お飲み物は何時にしますか?というマスターの問いかけに
今回初参加のかめパパさんは勢いよく宣言した。
う〜ん、よっぽど疲れてらっしゃったのね、かめパパさん。
ソリャ無理アリマセンガナ〜♪
朝というより深夜に自宅を出発して
遠路遥々伊豆まで運転ですものね、お疲れ様でございます…。

お料理が目の前に並ぶまでの間は、
ワンコも人も各自思い思いに寛いで、
アイスコーヒーやアイスティーで喉を潤しながら
お行儀よく食欲の満たされる瞬間を待っている。時折、
『わァ〜、かめ吉ッ!!ダメだァ〜イケナイ〜☆彡』 
『かめ吉、あんたはかめパパが監視してなきゃだめね』
『つるちゃん、楽しそうだねぇ。愉しんでるかい〜?』
『笑ってるよぉ〜、つる君♪』
『アレッ?ちゃまタン、何処行った?!』
『あらん♪お店の中を探検してらっしゃいますよぉ〜♪』
『大ちゃん、もう既にマッタリモード?』
『オマエって本当にテンション低いやっちゃなぁ…』
等という言葉が飛び交っている。
ナンだか馴染んでますよねぇ、私たち…。

初参加のかめパパさんとたみこ教授の御母堂幸子さんを中心に
ワイワイガヤガヤ…。嗚呼、イイ日和だなぁ〜♪♪

そうこうしている内に運ばれてきたのが
この“健康志向ど真ん中”のパンとオリーブオイル。
ウ〜ン、素朴なパンの香りと総引きぐるみの小麦の風味、
それからちょっと塩味の効いた小ぶりのパンは
オリーブオイルと好く合いますですね。
グフフッ♪♪ ヴォ〜ノだじぇ〜♪♪

オサシンはたみこ教授からの戴きモンです。
やっぱ皆さん、お喋りと喰い気で忙しくって、
オサシン撮れなかったんですよ。ワンハッハ〜☆彡
だから向こう側半分は既に食べられちゃった後でございます…。

次なる今日の前菜は“イサキの香草岩塩焼き”
コレ、ウマかったっすゥ〜☆彡 
ちゃま夫婦の一押しは文句無くコレだもんねぇ〜!

勿論、お魚大好きたみこ教授や幸子さんも気に入った御様子で
皆さん、ナイフとフォークを駆使して
丸ごと焼き魚に戦いを挑んでおられます。
ウ〜ン、旨いけど、食べにくいったらアリャしませんぜ。
誰かちゃま母に箸をクレ、この際、割り箸でもいいからさぁ〜!!

イサキってお魚は伊豆のようなちょっとした岩場で釣れる
美味しいお魚で、香もお上品。
バター焼きとか、塩焼きにするのが一般的でせうか…。
でもイタリアンですから、
焼き魚なんちゅーレベルじゃ納得しないぞ、ワタシャ!
なんて心配ご無用。
シンプルにして実に深〜い味わいに仕上がっておりましたな…。

コレから先は単なるド素人食いしん坊主婦の
実に勝手な想像ですから、あしからず。

トレトレで活きのいいイサキは、まずキレイにはらわたを処理。
開いたお腹にはバジルやローズマリーと一緒にニンニクの微塵切りを
オリーブオイルでマリネしたものを詰め込んでから、
表面にオリーブオイルをサッと塗って
岩塩を軽く振ってからコンガリとグリルした…のかな?
う〜ん、とにかくご馳走だぁ〜♪♪
トレトレの証明はちゃま父のお皿に乗ったイサキの胸鰭が
ピンッ!と立っていた事からもよく判るし、何よりもお魚の香りが。
お家で食べられそうだけど、絶対食べられない一品と申せましょう。

それにしても食べ辛いのよ、フォークとナイフで焼き魚…?
殆ど解剖のノリになっちゃうのは勿論ちゃま母だけだけど、
手先の器用な日本人の基本アイテム、和・洋・中華と
ワールドワイドなお役立ちグッズのお箸さえあれば
こんなに美味しいイサキちゃんも哀れ残骸にならずにすんだ筈…。
ウエェ〜ン、スマナンダァ〜!

美しくお上品に。
お皿の上のイサキも迷わず成仏してくれそうなくらいキレイに
幸子さんとたみこ教授、そして意外な事にちゃま父も
この一皿を平らげておられました。
ああ、それに引き比べちゃま母のお皿は〜☆彡
ちゃまタンを膝の上に抱っこしつつ食べてたから…って事で
皆さん、見て見ない振りしてくださいね。

ああ、悲ピィ〜☆彡
誰か私に、お箸を恵んでおくれでないかい…?
2005年9月30日(金) No.788

伊豆メシ 『ならばこの際フランス式で?!』
お魚好きには堪らない♪
そしてお魚苦手なズンズさんにも好評だった前菜をやっつけた面々は
次のお料理を待つまでの間、
思い思いに伊豆高原の早い秋を感じていた?!
のかな?たぶん。

ズンズさんとかめパパさんは
御自慢の愛車の話題で盛り上がり
気合いを入れて選んだ筈のカーナビ君の
チョットお茶目なチョンボについても静かに語らっておられた御様子。
ちゃま母は憧れの人:幸子さんを目の前にして、
この時とばかり殆ど独り占め状態で根掘り葉掘りの質問攻め。
傍らでは慈愛に満ちた微笑を浮かべマドンナの如く見守るたみこ教授と
トホホな妻が何を言い出すのか不安で不安ではち切れそうなちゃま父が
このヒトトキを一緒に過ごしているのだな。…ワンコと一緒に♪♪
絵ヅラ的は優雅ですよ、優雅〜ァ♪

そうこうしている内に次のお皿が目の前に。
…ムムムッ?! コレは誰が見ても間違いなくハッパだぜ。

『サラダ』というより葉っぱヒト盛りといいたいくらい
実にシンプルな一品ですね、コリャ〜。ドレドレ、お味は〜?!

ン?ンンッ?!
ナニこれ、甘いじゃん〜☆彡

ドレッシングにありがちな酸味は極く控えめで
オリーブオイル?と熟成のすすんだバルサミコ酢に蜂蜜の甘み。
ンでもってほのかに香るのはニンニクか?
って事にしておこうかな、強引に…。
お皿の上の葉っぱの皆さんは、シャキシャキしててコリャ、ウンマイ。

だがっ!!シカシッ!!
これまたフォークで食べるのは至難の業だぜ…。
特に水菜はダメだろォ〜? フォークに水菜は相性最悪!!

またぞろ『箸クレよォ〜☆彡』と
悲しい雄叫びをあげたくなるちゃま母だったけど、
お箸よりもっと便利なものがあったんじゃん、
マイ箸ならぬマイオテテ…。

嘗て、マリーアントワネットがオーストリアからフランス王室に嫁ぐ前までは誇り高きフランス上流階級の面々は手づかみで!ワイルドに!!お食事を貪っていたとか居ないとか…。最後の手段だ、これしかないぜ♪

とは一瞬思ったものの、優雅に且つ器用に
サラダをお口に運んでいる皆様のお姿にちゃま母、己を恥じました。
一瞬でも、『オオッ!私って賢いかも?』なんて思った私は
筋金入りのトホホでございます〜☆彡って?!

う〜ん、温かい眼で見てくださいね、タノンマス…♪
2005年9月30日(金) No.789

伊豆メシぁ 悗気董△覆鵑任靴腓Α』










スパゲッティ>スパゲッティーニ>フェデリーニ>カッペリーニ

舌噛み捲くり?のパスタ4段活用はトモカクとして、
メインディッシュはパスタよ、パスタァ〜♪
秋の山幸、ボリューム満点の茸と正直者風のトマトソースが
細めのパスタでイイ感じな一皿に…。ウン、旨いですゥ〜☆彡

『ウ〜ン、コレってエリンギ?じゃなかったら、ナニ!』
思わず声に出ちゃうほど、この茸、プリップリでウンマイッ♪
『エリンギかなぁ、歯ごたえよ過ぎない?ポルチーニだったりとか?』
ニイチン、ニイチン…。
そりゃポルチーニ茸って言う茸はあるけど、
フレッシュでこんなに入ってたらこの値段では食べられん!
って事だけはちゃま母、断言できますがな…。

ほのかに香るチョット不思議な風味は乾燥ポルチーニかな?!
程度の想像はできるけど、この抜群の弾力で
『ホラホラ、俺って旨いだろォ〜☆彡』なんて
頑張ってるこの茸はイッタイ何者だろう。

あっという間に平らげたお皿を下げに来たシェフに思わず質問。
『この茸、なんていう茸ですか?』
『エリンギですよ、群馬産の』 『えっ〜?!エリンギなのぉ〜?』
してやったりの笑顔でシェフが答えてくれたのは
見慣れた食材のエリンギが、こんなにレベルアップすることに
皆さん、素直に感動していたからだよねぇ、きっと。

オオオ〜ッ?!
驚嘆する一同の中に、一人妙に盛り上がりに欠ける男、発見…。
ズンズさん、やけにテンション低いですね、どったの?!

実を言うとズンズさんは好き嫌い大魔神…。
お魚は苦手だし、野菜だって好き嫌いのオンパレードである。
茸に到っては、辛うじてエノキ茸ならなんとか大丈夫?だったっけ。
意外にして強力な弱点をお持ちだったあなたのことを、
ちゃま母、喰い気に走って忘れてた〜☆彡
大丈夫ですかぁ?ズンズ様ッ!?

何を今更…だよねぇ、やっぱり。お間抜けなちゃま母の質問に、
ズンズさんは好感度抜群な笑顔でおっしゃいましたのよ♪
『食の世界がまたヒトツ広がりました〜♪』って。
う〜ん、なんてオトナな一言でしょ〜。
嗚呼、よかった。
『拷問かと思った…』なんて言われなくって。


そうこうしているうちに、
目の前に締め括りの一皿が運ばれてまいりました。
最後のお楽しみ。ドルチェはバニラジェラートのエスプレッソ掛け。
定番だけど、コレが美味しいのよねぇ…。

で、よせばいいのに、
優雅なお食事の最後の最後のデザートタイムともなりますと、
必ず呟かずにはおられないです、ちゃま母ッたらこの台詞♪♪
『アタシ、コレ、丼でお願いしたいんですけど…』

死ぬまでに一度、大声でお願いしたいとは思いつつ、
マダマダ小声でシェフには届いてませんけど、
年々トーンもボリュームもアップしてる様な気が…。
ねえ、ちゃま父さん、どう思う?!

聞こえない振りでその場を繕うちゃま父のお姿に
ニマニマしてる根性ワルなちゃま母は大満足♪♪
この居心地のいいデッキテラスで
午後のヒトトキ、まだまだマッタリして居たいのは山々だけど
限られた時間だ、愉しく遊ばなくっちゃァ〜☆彡

そんなこんなで、
記憶に残るお食事会はお開きとなりましたとさっ。

ってことで、
伊豆メシ・コレクションの発表はこの辺でオシマイ…。

お付き合いいただいた皆様、本当にお粗末様でしたァ〜☆彡
2005年9月30日(金) No.790

No. PASS
No. USER PASS
[Admin] [TOP] [HOME]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.02
CGIレンタルLinkJapanレンタルサービス