++TOHOHO-Diary++


お気楽で極楽♪ トホホでウフフ?? “いいじゃないか堅い事言うなよ”ワールドへようこそ!
2005年10月
      1

2
3
4

5

6

7
8

9
101112131415

16
171819202122

23
24
25

26

27

28
29

30
31     



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
ワンコテンコ盛りの集い・2005秋 開催報告















※本日の日記“も”9月16日に開催された
 『つるかめ・大・ちゃま』共同企画の公式報告
 なんと第4日目…。
 ウ〜ン、まだ終ってないのね。よーやるよ、まったくぅ〜!
 ってアンタにゃ言われない!…ですよね、やっぱり。
 主筆は『アタシャ厭きちゃったぞよ』モードのちゃまタンなので
 ますますナゲヤリかも…(;^_^ A フキフキ
 って言いますか、事態収拾に努力するなんて事は
 最初ッからじぇんじぇん考えてないかもよ〜?
 ですけど、トホホ日記の通常営業パターンと言えば
 言えなくも無いってことで御納得してチョォ〜☆彡
 (;¬_¬)オドオド  
 汝 我らを見離したもうな…ってば。お願いだから。


皆さん、ご機嫌よォ〜ですワン〜♪
焼きささみじゃ、もう誤魔化されないわよ☆彡
…と、心に決めているちゃまタンです。
今日で4日目のプチプチオフ会の特別リポートですけど、
まだ遣るんだって、ネイチンが言い張るの…、マッタク〜♪

v(ー_ー)チッチッチッ
イワズモガナ…、語らぬが花…なんて深ぁ〜い単語、
ネイチンの辞書には無いのよね、きっと…。
在るのはきっと、『爆睡御礼』『食欲無限大』
それから『無気力傍若無人』とか『ヤル気はちゃまタンにお任せ♪』
んでもって、『虚弱低体温低血圧なのになぜか元気…』とか
『心身喪失に怖いもの無し〜!』。

あらあら〜♪ネイチンってかなり気の毒なヒトだったのね、
ちゃまタン、再確認しちゃったァ〜♪
やっぱりちゃまタンが何とかしないといけませんワン!!

…って事で、ヤル気を奮い立たせて
今日のお話を始めちゃいますワンね。
さて今日のお話は、
お腹も心も満たされてスッカリご機嫌の面々が
次のイベント会場に向かおうかな〜♪って処からですワン♪♪
2005年10月7日(金) No.796

ブンブン野郎、襲来!ニイチン決死の反撃?














『ニイチン、それでなにするつもり?!』
『何って?!コレでビシッと!ってのはムリかな』
『…ムリだろ、普通〜!』

お食事を終えて、さあ、立ち上がろう!とした時
何度目かの襲来があったのよね、ブンブン野郎の…。

ブンブン野郎って“ハチ”ってのが本名なんだって。
お食事の間も『俺も仲間に入れてオクレよォ〜♪』って
入れ替わり立ち代りナンパしてきたんだけど、
賢明な皆さんは無視虫…じゃなかった、無視!無視!!
でもシツッコイのよね、ほんと。

『お呼びじゃないですからぁ〜!』って何度もお断りしてたのに
ナンドも猛烈にアタックしてくるから、もう大変〜♪
女性陣は戦々恐々で… (*0*;)☆ウキャーッ
男性陣も腰引けちゃって… (*0*;) ギョッ
かめくんを筆頭にワタシ達ワンコの方が毅然としてたワンッ☆彡
それなのに、ネイチン達ってばハシタナイ…。

ネイチンって意外と情けなくって“虫”ってヤツがどうも苦手。
鼠とかカエルにトカゲ、ヘビだって襟巻きにしちゃうわよ〜♪
っていうネイチンだけど、コレだけはダメなんだってさ、生理的に。
『もう理性が吹っ飛ぶっていうか理由もヘッタクレもなくダメ…』
中でもネイチンの究極の天敵はゴキブリで、
そのお姿がほんのちょっとだけ目撃しちゃった時には
ホモサピエンスじゃなくなるんだってさ…。
じゃあ、いつもはそうなの?!

『ハチは黒くて光るものを目標に攻撃してくる』らしいから、
黒っぽい洋服のたみこセンセやネイチンなんかは危ないかも〜。
…(=◇=;) ギクッ!?攻撃してくるの?ブンブン野郎ってば。
でもネイチンは光ってないからとりあえず大丈夫…。
アラララ〜!た、たみこセンセ〜ッ!
貴女は危険が危ないですワンよぉ〜☆彡

『動くものを襲う習性があるから我慢する…』
なんてネイチンは言って珍しく耐えてるじゃない?
皆さんのお陰でイツモよりは理性保てるみたいねぇ、ワンハッハ♪
(@@;;;) はて?
なんでオテテでちゃまタンに目隠しするのかな、ネイチン。
『オメメって一番の攻撃目標になるらしいよ、ブンブン野郎の…』
オイオイ…。だったらちゃまタンがネイチンに抱っこされてる事自体
危険度200%増し?してるんとちゃうの〜ッ?!

思わずハナミズ飛ばしで抗議しちゃいそうになったけど、、
その時ニイチンが敢然と立ち上がったの、デザートスプーン持って。
コレが最初の会話の謎?だったんだけど、
みなさん、どう思われますゥ〜?

『ダメ〜ッ!そんな危険な事はヤメテェ〜☆彡』
噂の幸子さんはそれまでの
“洗練された大人の女性のお上品な物腰』から一転、
乙女のような可憐な悲鳴を伊豆高原の秋空高く響かせるわ、
『ちゃま父さん、それはやめといたほうがいいですよ。危険です』
ズンズさんは冷静な態度でニイチンの暴挙を諌めつつ、
それでも逃げる準備は怠り無く身構えてるしで
そりゃぁ〜、もう大騒ぎさ〜ッ☆彡 

…結局、粘着質のブンブン野郎を置き去りにして
プチプチオフ会のメンバーはレストランを脱出する事に成功したの。

『ニイチン、本当にスプーンでバシッと”殺る”つもりだったの?』
『ウ〜ン、出来ないこともなかったと思うンだけどなぁ〜♪』
『アンタは塚原卜全か…』
2005年10月7日(金) No.813

世紀の対決!?ワンコvs○○…
レストランを後にした御一行様は
ヤル気満々で次の目的地に出発〜♪
『次は伊豆グランパル公園かな?!』
ネイチンとたみこセンセは
ウキウキ気分で大興奮って感じ。

『イヨイヨ世紀の闘いが…ですねぇ』
『ついに…ですもんねぇ〜♪』

…ダレとダレが闘うのよ。

ネイチンとニイチンのバトルならイッツも見てるから、
ちっとやそっとのレベルじゃ驚かないワンよ、フンッ☆彡

『オ〜イ!ココじゃなくってシャボテン公園らしいよォ〜♪』
偵察に行って情報をゲットしてきたニイチンがそう言った…。
『エ〜?!ここじゃないのぉ〜?!ワンコvs○○の乱闘会場は?!』
http://www.shaboten.co.jp/shaboten/shabotenCover.htm

( ▲ ;)グゲェェ… 
闘うのは“わたし達”ですかぁ??? (;*△*;) まじ?

ちゃまタンの動揺なんて無視して
伊豆シャボテン公園に到着した面々を最初に待ち受けていたもの。
それこそが対戦相手の○○、“リスざるさん”たちだったの…。
何でワンコとリス猿さんが闘わなきゃならんのさ、まったくゥ〜♪
『だってさぁ〜、伊豆の情報集めてた時にどこかのHPで見たんだよ。
リス猿とワンコ一触即発のバトル勃発かぁ〜?!ッてヤツ…。
嘘でない…嘘でないって〜』
ネイチンのお馬鹿…。
 
弱弱しくネイチンが言い訳したところによると、
状況はこんな感じかしらん。

<<  伊豆のとあるワンコ連れOKの観光スポットには、
<<  ワンコを恐れない大胆不敵なリス猿の楽園があって
<<  運がよければ?リス猿とワンコのバトルが見られるかも?!

それはバトルじゃなくって触れ合いでしょ、フッレッアッイ〜ッ!

マア、とにかく、
ココ、シャボテン公園の人気者:リス猿君たちは
入園者のお出掛けに集まってくれたらしいんだけど、
ちょっと微妙なのは、“唯、集まってきただけ!”なのよ。
可愛い顔してるくせにナニゲに感じ悪いじゃない、あんた達…。

アーチ状の透明な屋根の上から
『イヨッ、あんたらも暇人だよねぇ〜♪』
『ソウソ〜ッ、こんなところまで来るなんてさぁ♪』
なんて感じでオヤツを食べながら見下ろしてるの…。

ム、ム、ムッ〜!!この無礼者ォ〜ッ☆彡
2005年10月7日(金) No.814

ワンコクエスト 新たなる伝説誕生?!
今になって思う事だけど、
一番手のリスザル君達って
いわゆる雑魚キャラ〜♪
しかもやる気じぇんじぇん無し…。
ワンコの敵じゃなかったワンッ!!

それでも
沈着冷静なクールガイ大志君や
『見て♪見て♪かめ兄ちゃん。
ボク、やっちゃうよぉ〜☆彡』
って血気盛んなつる君は俄然バトルモードに突入して
ガルガル、バウワウ、ワフワフゥ〜♪ ウ〜ン、若いっ…。

でも悲しいかな、相手にやる気がないんじゃ、
バトルにはなりませんって。

マア、こんな感じでリスザルゾーンは軽く突破よ、突破〜♪♪
さあ、ズンズン先に進まなくっちゃァ〜!
クエストは始まったばかりだワン☆彡


色んな植物が好きなように生えてるって感じのシャボテン公園の中を
わたし達プチプチオフ会ツアーの面々はドンドコ進んでいったの。
あ、ワタシは最初ッからネイチンに抱っこされてたのよ。
そりゃ、プリンセスが徒歩って訳にゃいきませんもの…ね〜っ♪♪
さあさッ、ネイチン、張り切ってお歩きになるのよ。
モタモタしてないで…。

そうやって勇者の皆さんが元気よく行進を続けていたら、
前方から絹を引き裂くような悲鳴…じゃなかったわね?
そうそう…
『ぐぉぉ〜!』『ウッソォ〜!?』『デッケェ〜!』
なんて声が響いてきたんだけど、
助けを読んでる美女の声じゃなかったのは確かだったワン。

そこで正義感に燃えるつるナイト&大志ナイトがまずダ〜ッシュ☆彡
負けじとかめ吉隊長も現場に駆けつけたの、カッチョ好かったワン♪
ンで、その現場にいたのがコレよ、コレ。(↑写真参照)
この妙な物体は“ペンギン”じゃなかった、
“ペリカン”っていうらしいの。
…雑魚キャラの次は、直!ボスキャラ〜?!
厳しいわね、現実は…。
2005年10月7日(金) No.815

クエストの目的ってなんだっけ?!














よぉ〜く見ると、ボスキャラ?のペリカンさんたちは、
見物の人達に圧倒されて行きたい方向にもいけず
単にウロウロしてるだけ…?
ナンだ、ここってお客さんのほうが極悪キャラなのだワン???

ペリカンさんたちはコレからお食事ナンダッてぇ。
飼育係のおじさんがポイポイ投げてくれるお魚を
必死にゲットしようと身構えてる…。
見物人には愉しいイベントでも
ペリカンさんにとってはそれこそ死活問題だから眼が笑ってない…
っていうかペリカンさんってば元々怖い顔してるワ〜ン!

なにこれ、ぜんぜん楽しくないよぉ〜♪
ちゃまタン的にはゼンゼン意欲湧かないから
ネイチンに抱っこしたまんまグテグテしてたんだけど、
ニイチンは『ペリカンに餌をやりたいヒト』に立候補したもんだから
オテテがお魚でクチャイクチャイになっちゃうし、
ペリカンの傍にいた“ハゲコウ”って鳥さんはその名のとおり
“ハゲ頭のコウノトリ”って言う微妙なお姿…。
ウッ…。本当は可愛そうな方達ばっかりじゃないの、ココの住人?!

ワンコメンバーが使命感を失いそうになったところで
『次はシャボテン公園名物の温室をクエストするぞ〜!』って事に。
皆さん呆れるほどお元気ですけど、ココ、アッチッチィ〜ですワン。

温室は殆ど貸切状態で、かめつる兄弟も大志君もノビノビ見学。
噂の幸子さんの解説を聞きながらてんでに勝手な感想を述べ合って
ガハガハ笑いながら見て歩いてたって言うんだからお気楽でしょぉ〜♪

それからお次は伊豆シャボテン公園の一押しの人気イベント・お猿の
『パピー&ダイゴの学習発表会』を見学する事にしたンだけど…。
http://www.shaboten.co.jp/shaboten/study.html
ちゃまタン、はっきり言ってビビッちゃいましたぁ〜♪

パピーちゃんが単なる興奮しすぎ猿状態になっちゃってもう大変。
せっかくの学習発表会が収拾付いてないよね、コレ?ッて感じで
トレーナーのおじさんやダイゴくんっていうチッコイお猿さんは
何とかショーを進行しようと必死になってるのは判るんだけど
手に負えないって感じなのよ、どうするぅ〜?
ネイチンも『どう見ても芸じゃないよね。わ、笑えん…』って言うし。
『ノンビリとショー見物のワンコ客が興奮した巨大猿の餌食に…!』
なんて事になったら、ど、どうしましょォ〜☆彡

あれ?!そういえばかめ吉王子様がいないじゃない〜?!
かめパパさんも…。

実はベンチに腰掛けた途端、激しい睡魔に襲われたかめパパさんが
お猿さんのお姿を見てテンション急上昇のかめ吉くんをつれて
後ろのほうに移動してただけ…なんだって。
心配して損しちゃった…。

とにかく芸なのか野生なのか訳判らんショーを拝見したんだけど、
いろんな意味で疲労困憊の皆さんはベンチに座って一服…。
噂の幸子さんが差し入れして下さったバナナやお菓子を摘まみながら
ホッと一息ついていた時にマタマタ事件が…。

…ってまだ続くのよ、もういい加減にしてよ!ですわんね、ホント。
2005年10月7日(金) No.816

○○にくびったけ〜♪♪













噂の幸子さんが差し入れてくださったオヤツに
小腹のすいた?面々が群がろうとした時に
見たことの無い面子がそ知らぬ顔で混ざってる…。
アンタ、ダレ…?

『オ〜、孔雀だよねェ、コイツ〜!』
『ウ〜ン、ちょっとボロボロだけどそうみたい♪』
『オ〜イ、バナナ食べる?』

抜群のさりげなさ?でナニゲに参加していたのも見事だったけど、
バナナの食いっぷりも豪快でペリカンさんの餌付けより面白かったワン。
その細い首筋をバナナの塊がユックリ下がって行くのをみて
ネイチンは『…ヘビみたい』と感動していた。ナニ言ってんだか…。

そこへさっきのショーで悪戦苦闘してたトレーナーのおじさんが
何処からともなく現れたの。
『これこれ、ソコのお客さん!孔雀に餌をやっちゃ〜ダメですバイ!』

ヽ(´▽`)/へへっ♪
マア、ダメですバイ!とは言われなかったけど、
チョビッと注意されちゃったのよねェ〜、ゴメンナサイですワン♪♪
このおじさん、さっきも思ったんだけど誰かに似てる…。誰だろう?
『大竹誠みたいだよねぇ、ミニサイズの…』って
アトからニイチンが言ってたけど
ネイチンにオオウケしてたから、その通りって事かしらん。

一度は注意されて一同のテンションの下がりかけたところで
恐れを知らないネイチンが又もや一言、超シッツレイな質問を
そのプチ大竹園長に直撃しちゃったのよね、怖いもの知らずだワン。
(本当はシャボテン公園の園長さんだったんだって、このヒト…汗;)

『さっきのショーですけどあれってヤラセですか、それとも野生?!』
『ええ?…マア、アレはですねぇ〜』
『単なる興奮状態なのかなぁ〜と。芸じゃなくって』
『…そうです』
『チンパンジーといえども猛獣ですねぇ、ああなると〜』

園長さん曰く、知能が高く人間に近い筈のチンパンジーでも
そのパワーは桁違いで訓練も相当な危険を伴うんだって、大変よね。
パピーちゃんはもうオトナなんだけど、やっぱり女の子だからして
気分の上下動っての激しくて、今日は気分的に最悪だったみたい…。
お猿さんの場合もヒステリーっていうのかしらん?

それからプチ大竹誠の園長さんとちょっとお話をしてから
イマドキ一番旬な隠れアイドル?『ハシビロコウ』のビル爺さんに
逢いに行こう〜!ッてことになったんだけど、
残念ながら、ワンコはご挨拶お断りなんだって…。
やっぱりシッツレイだワン、リスザル君もビル爺さんも…。
人気商売のナンたるか!ってのを
ちゃまタン、お説教してあげたいワンねッ!(*'へ'*) ぷんぷん!!

まあ、無愛想でも何でもインパクト在り過ぎ?だと
近頃噂が噂を読んでるビル爺さんのお姿に、
たみこセンセを筆頭にツアーの面々は大興奮も極まれりで、
もうメロメロ??? う〜ん、ちゃまタン理解不能…。
(@@;;;) ヤレヤレ…。

さてさて、こんな感じで伊豆シャボテン公園でのワンコクエストは
無事終了です、皆しゃん、お疲れ様ぁ〜☆彡
ちゃまタンと『ハシビロコウ』のビル爺さんの感動の対面…
ってのは残念ながら実現しなかったけど、
かめ王子やつる王子、そして川崎大師君の
勇気溢れる活躍の数々もシッカリ拝見できたし、
ちゃまタン的にはメチャンコ楽しかったですワ〜ン♪
(ё∇ё) キャハ〜☆彡

でもねっ…でもだワン。
楽しいことには終わりがある…のよね。  ウ…ウーン ( ・ _ ・ )

それは当たり前な事だけど  (≧◇≦)イヤァ〜ン!
終わりなんてこなきゃいいのに…。 ┐(´〜`;)┌ ホントホント…

でも、終わりがあるから  ((p(>o<)q)) イヤダァァ〜!
ハジマリがあるのよね、きっと…♪♪  
ちゃまタン、知ってますワン…。  (*ё_ё*)キュン…♪


コレで今回のプチプチオフ会の御報告はオシマイです。
皆さん、楽しいヒトトキをアリガトウ〜♪♪ 
ゼッタイ、絶対!!
再見…ですワ〜ン☆彡  
2005年10月7日(金) No.817

No. PASS
No. USER PASS
[Admin] [TOP] [HOME]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.02
CGIレンタルLinkJapanレンタルサービス